girl hugging head

woman tired

排卵を促す効果

クロミッドは良質な卵胞を育て、排卵を促すことで妊娠率を最大30%まで上げてくれます。「どうしよう不妊症化も」と悩むより、クロミッドで「妊活」を始めてみませんか?

the pills in the bottle

傷付かずに済む

一般的に35歳以上の出産は高齢出産だとされています。そのため、35歳以上の女性が不妊治療のために病院に行くと、「高齢だから」と暗に「諦めなさい」という旨の言葉をかけられて傷付いてしまうことも。通販でクロミッドを購入すればストレスなく妊娠を望めます。

woman feeling headache

人間関係に注意する

不妊治療を行っていると、つい卑屈になって周囲の人に八つ当たりしてしまうこともあります。それでは、もし妊娠できたとしても誰からも祝福してもらえません。クロミッドを服用しながら、前向きに妊娠を目指しましょう。

pills on the table

三重苦に耐えられるか

排卵誘発剤の効果や服用についてはコチラ

妊娠を希望し始めて、半年ほど経過すると、「不妊症だったらどうしよう」という不安が出てきますよね。
子供ができなかったらどうしよう、という不安はもちろんのこと、辛くて苦しいと言われている不妊治療に対する不安も大きいと思います。
「本当に子供が欲しいなら不妊治療なんてなんでもない!」と言えたならそれは素敵なことですが、
現実的にはそう言える人ばかりではないと思います。
不妊治療は「三重苦」を味わうことになると言われています。
何回も病院に通い、激痛を伴う検査や治療を受ける肉体的な苦しみ、
そして検査や治療にかかる費用などの経済的な苦しみ、
妊娠に失敗する度に感じる絶望という、精神的な苦しみです。
女性の身体は日によって全く状態が違います。
妊娠の可能性を高めるためにも、なんども採血をして検査をする必要があります。
最初から注射が苦手な人からすればそれだけで苦痛ですし、頻繁に注射をされるので腕がパンパンに腫れあがってしまうこともあります。
また、卵管の状態を確認するための検査は、卵管を薬が通る際に気絶するほどの痛みを感じることもあるんだそうです。
なんと麻酔をしてから薬を投与することも。
こういった痛くて辛い検査や治療を繰り返していると、段々と自分がたった1人で戦っているように思えてきます。
どれだけ応援してくれても、結局痛い思いをするのは私だけ、そんな風に考えて旦那さんに当たってしまうことも。
また、女性としての価値を否定されているような気がして自分に対して否定的な気持ちが膨れ上がっていきます。

不妊治療には時間がかかります。
いつになったら妊娠するのだろう、この苦しみは終わるのだろう、と終わりの見えない闘いを続けるのは想像以上に辛いものです。
さらに長期に渡って治療をすることで費用がどんどんかさんでしまいます。
人工授精からの治療は1回で40~60万円の治療費がかかってしまうことも。
そんな苦痛に耐えろ、と言われても自信がない人がほとんどだと思います。
まずは排卵誘発剤のクロミッドで排卵を誘発させ、妊娠を目指してみませんか?
クロミッドだけでも妊娠できる可能性は十分にありますよ。

オススメリンク:クロミッドの子宝ナビ