傷付かずに済む

the pills in the bottle

自分でクロミッドを服用するより、病院に行ってしまった方が良いのでは?と思うと思います。
もちろん、一番望ましいのは病院で医師の診断のもと適切な治療を行うこと。
しかし、高齢の女性の場合は病院に行くことが辛いという人もいます。
一般的に35歳を過ぎると高齢出産だと言われています。
そのため、不妊治療を行う35歳以上の女性の中には「もう高齢なので卵胞の質がよくありません」なんて心のない言葉を医師からかけられたという人もいるんです。
ここまで酷い言葉でなくても、ただでさえナーバスになっている状態で「高齢だから」と言われてしまうと、
それだけで絶望的な気持ちになりますよね。
妊娠するためにはストレスは大敵と言われています。
せっかく不妊治療のために病院に通っているのに、そこで心無い言葉を言われて傷つけられてしまっては本末転倒ですよね。

病院で処置をしてもらうのは嫌だ!という方にはクロミッドを通販で購入する方法をオススメします。
クロミッドは副作用も少ないですし、実際に病院で処方されている薬なので、安心して使用できます。
通販で購入することで高い診察代がかかることもなく、お財布にも優しいのがうれしいですね。
ただ、クロミッドを使用する場合は必ず期間を決めて使用して下さい。
副作用の少ないクロミッドですが、長期間使用していると子宮内膜が薄くなってしまい、着床障害を起こしてしまう危険があります。
せっかく受精卵になっても子宮内膜がふかふかでなければ着床することができないんです。
半年以上続けて使用すると身体へ大きな負担がかかると言われているので、
クロミッドを服用して半年以内に妊娠が望めない場合は病院で人工授精や体外受精などの高度不妊治療を行う必要があります。